胃カメラを行いました

数ヶ月前に胃カメラを行いました。以前からお腹の調子が良くありませんでした。色々な薬を試しましたが効果がありませんでした。そのうちにドンドン体調が悪くなってしまっておりました。そして、医者よりも胃カメラをして、実際に中から見てみましょうという事になりました。初めての事だったので、すごく緊張しておりました。もしかしたら、痛みがあるのかもしれないとビクビクしておりました。そして、実際に行った結果は、何も覚えておりません。鎮痛剤を注射してから、眠気が襲ってきて、気づいた時には終わっておりました。途中で少し目が覚めたような気がしましたが、特に痛みなどを感じることがありませんでした。結果はポリープがあり、それを切除してもらいました。また、人生の中で何度か経験しmすが、痛みなどがなかったので、全然怖くありません。健康が一番です。

胃カメラの役割と重要性。

胃カメラと聞くだけで、誰もが敬遠しがちですし、好きという人はいません。しかし健康を維持するためには必要です。胃カメラというのは内視鏡検査で使われます。流れとしましては、鼻や口からカメラを入れていくことになります。初めてであれば怖いイメージがあるかもしれませんが、今では超小型なものになり、苦痛ではありません。その様子をモニターで見ながら観察することになります。鼻や口というのは、病院によって選べる場合もあれば、決められているところもあります。胃痛や胃がもたれる人などは、原因を見つけ出すことにも繋がりますし、特に何か症状が無い場合であっても、健康診断として受ける人が多いです。何かあれば早い発見ができますし、胃の中がきれいとわかれば気持ち的にも安心できます。こういった病気を発見する役割をもっていますし、ある程度の年齢になれば検査をしておきたいところです。

胃カメラ検査を受ける場合。

胃カメラというものは、ある程度の年齢になれば受けておきたい検査です。しかしどこの病院でも良いのかというと、そうではありません。検査にかかる費用は、保険で決まっていることもあり、どこであっても同じです。しかし胃カメラ検査を行うのは、医師です。やはり熟練した医師にお願いした方が良いといえます。もちろんどこの病院であっても医師が行いますが、やはり人間です。全ての医師が同じ経験を積んでいる訳ではありません。特に病気や、その可能性をしっかり見つけ出すことが必要な検査です。正確な判断ができなければ命に関わることもあります。このことからも熟練した医師がやはり理想といえます。そしてこれらの検査は苦痛と考えられがちです。確かに口や鼻からカメラが入ることになり、気分的には良くありません。しかし時代と共に進化していて、非常に小さなものとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*