胃カメラを受けての安心感と感謝

毎年、健康診断を受けていますが、その中で時間を一番かけて検査を行っているのが胃の検査です。そして、一番、緊張するのも胃の検査です。胃カメラは、バリウムなどの外からの検査と違い、リアル感が半端ではありません。その分、早期発見出来る確立があるのもメリットですが、未だに慣れないのも正直な気持ちです。ただ、この胃カメラのおかげで、レントゲンではわからない部分も発見して頂いたりしてきました。この胃カメラのおかげで、どれだけの病気であったり、病気の種を早期発見し、早期治療が出来たのだろうかと考えるだけで、ありがたいものだと深く感じています。なので、毎回、受ける時は、辛い想いをするかわりに、安心感を与えてくれるのだと、自分に言い聞かせて検査を受ける様にしています。年齢を重ねていけば行く程、病気のリスクが高くなる事を考えた時、この安心感は、年々、感謝に変わっていくのだろうと思っています。

胃カメラをすることのメリット

胃カメラをすることのメリットには、いったいどのようなものがあるのでしょうか。まず第一に、胃の内視鏡をすると、バリウムを飲んでのレントゲン検査よりも、より鮮明に胃の中の様子がわかるため、何かあった場合の発見が、正確であるということが挙げられます。やはり、どうしてもレントゲンだけではわかりにくい部分でも、胃の中を直接見るということには、到底かなわないようです。胃がんの家族がいる患者さんなどは、迷わず胃の内視鏡を選んだほうがよさそうですね。次に、胃カメラを飲むときに、麻酔をしてしまえば苦しくないので、バリウムを飲むような苦しい行為を避けることができるということが挙げられます。バリウムを飲んで、体全体をぐるぐる回されるという行為は、どのように工夫しても苦しいので、それをするくらいなら麻酔と内視鏡を組み合わせたほうがましだという人も多いです。

胃検診は鼻からカメラを挿入するのが流行りです。

胃の病気はいろいろありますが、その主な原因は過度のストレスによるものが多いと言われています。まさに現代病と言っても過言ではないでしょう。そして、胃の病気を患う方々も人間ドックや会社の定期検診等を待たずに、自ら胃の検診を希望する方が大変多くなってきているのが実態のようです。この胃検診ですが、バリウムを飲んでレントゲン検査をして診るものと、胃にカメラを挿入して直接、胃の内部を診る方法の二通りあるようですが、確実なのは後者のようです。ただ、胃カメラを口から挿入する方法は患者さんもかなり苦しく負担を強いられるようです。しかし最近では鼻から挿入しての検査方法が取り入れられ、体験した方から感想を聞くと、こちらの方はほとんど苦しさもなく負担も少ないということです。さらに、胃カメラによる胃検診は鼻からであれば受けたいが、口からの検査は今後絶対にしたくないという人までいました。検査は鼻から挿入の方が断然楽なようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*